最新情報

 

 四月から学校や企業・官公庁に新しいメンバーを迎えて始動する日本の習慣は、ちょうど桜の開花期と重なって、新鮮で、明るい未来を感じさせる、華やぎのある大好きな季節です。

 

 なかなか終息の気配が見えない新型コロナウイルスのパンデミックに、今年の桜の季節は例年とはずいぶん違います。そんな中、近くの多摩川の土手の桜並木を見て驚きました。静かに力強く咲き誇る薄いピンク色の花は、青空に映えて見事な美しさでした!!

 

 365日、24時間毎日大空圏を飛んでいた約10,000機のジェット機がストップしたら、自然の回復力はここまで見事に桜を蘇がえらせる。すごいなーと感動しました。ガンジス川の川底の石が見えるとも聞きました。

 

 また桜の樹の下で、ランドセルを背負った笑顔ではちきれそうな子の姿を母親らしき方が嬉しそうに写真を撮っていたので、「お二人ご一緒のところをシャッター押しましょうか?」と声をかけたところ、「いえ、でもありがとうございます。ご親切に。」と丁寧な返答があった・・・やっぱり、春は良いと足取りが軽くなりました。

 

 パソコンのリモートでの会議や打ち合わせ、セミナーの参加もスムーズになり、これまで考えられなかった新しい発見や別の一面に出会ったり、双方大笑いだったり、ちょっと焦ったり、いろいろ経験しています。

 

 何よりも考える時間がたくさんあるのは嬉しいことです。

現在・過去・未来をこれまでよりも深く、時間を気にせずに集中できのは、コロナのお陰?という方もいらっしゃいますが、わたくしには時代の大きな転換期の渦中にあり、実は試されているのだと思って取り組んでいます。

 

 現状にベストを尽くしたいと試行錯誤の日々は刺激的です。

 

 

 

 

 地球全体に目を向けて、互いを配慮しあいながら、問題解決に勤めて、共に笑顔で幸せの道を歩んでまいりたいものです。

 

 

 現状はまだまだ厳しい我慢の日々ですが、考える時間は楽しくなりました。ブレイクスルーの絶好の機会です。

 

 

 新しい未来の創造には、過去を背負っていては先に進めません。

 

 過去の成功の幻想に未だにがんじがらめになって、振り回されている組織のトップやリーダーたちとそこにいる人々を見ていると、胸が痛みます・・・

変わること、新しい挑戦を拒んで、どんどん取り残されているからです。

 

 日本の政治、経済、教育はいま劣化の極みのなかにあります。これまで曖昧にしてきたことや、誤魔化してきたことが、はっきり表面化して、隠しきれなくなったようです。

 

 いまこそ日本は本来の姿にたちかえる機会と捉え、Stay at homeを活用して、様々な分野の読書に時間を割き、海外に住む友人たちの助言を仰ぎながら先人たちがよく口にした「頭を使いなさい」、「他者の話に耳を傾けなさい」、「謙虚でありなさい」、「知的でありなさい」を胸に、大切にしているコミュニケーションは「人間らしい温かみのあるものでありたい」と実践している昨今です。

 

 あとに続く世代に、夢や希望が持てる社会づくりは急務です。

 

 

 ご一緒に学びを深めてまいりましょう!!

 

 

 

テクノロジーの進化は生き方の変化が求められています。

  

 

 変化に相応しい生き方・リーダーシップを発揮していますか? 

 

 これまでの経験や成功体験に捕らわれていませんか?

 

 いま変わらなければ危険であることを理解しながらも

 どうして良い戸惑っておられる方

 

 先が全く見えない方

 

 若い方や専門家に任せておけば何とかなると他者任せの方

 

あなたとあなたの組織のどこに問題があるかを瞬時に見出し解決策を助言・指導させていただきます。

 

 さまざまな情報が錯綜していますが、真実はシンプルです

 

 

事業や組織の弛まないイノベーションに!!

 

 * スピード・信念・実行力

 

 * コミュニケーション力

 

 * 世界と日本の歴史を知る

 

 「直観」力と先見性を磨く

 

    AIの活用

 

   * 自然との共生

 

 * 倫理観を持つ

 

 

各国の元首やビジネス界のリーダー、各種アーチストとの交流を持ち

(米)デール・カーネギーの元日本代表を歴任し、マスタートレイナーとして、多くのリーダーを指導してきた実績、日本の歴史と文化にふれる機会に恵まれ、そこでの驚きのテクノロジーとの出会いを通して、いまリーダー専属のコーチ、コンサルタントとしてあなたを直接ご指導させていただいています。

 

 

 

★推薦図書

 『LIFE SPAN』 David A Sinclair PhD

  老いなき世界   梶山あゆみ訳 

 人類は老いなき世界を手に入れる    東洋経済社

 

内容(「BOOK」データベースより)

 人類の若さを左右する長寿遺伝子とは?いつまでも若く健康でいるために今すぐできることとは?山中伸弥教授の発見が、なぜ若返りを可能にするのか?「病なき老い、老いなき世界」における人生戦略とは?誰もが人生120年時代を若く生きられる!ついに、最先端科学とテクノロジーが老化のメカニズムを解明。ハーバード大学の世界的権威が描く衝撃の未来。

著者について

デビッド・A・シンクレア 

世界的に有名な科学者、起業家。老化の原因と若返りの方法に関する研究で知られる。とくに、サーチュイン遺伝子、レスベラトロール、NADの前駆体など、老化を遅らせる遺伝子や低分子の研究で注目を浴びている。ハーバード大学医学大学院で、遺伝学の教授として終身在職権を得ており、同大学院のブラヴァトニク研究所に所属している。ほかにも、ハーバード大学ポール・F・グレン老化生物学研究センターの共同所長、ニューサウスウェールズ大学(オーストラリア・シドニー)の兼任教授および老化研究室責任者、ならびにシドニー大学名誉教授を務める。これまでに170本あまりの科学論文を発表し、50件あまりの特許を共同発明。老化、ワクチン、糖尿病、生殖能力、がん、生物兵器防衛などの分野で、14社のバイオテクノロジー企業を共同創業している。国防関係機関やNASAとも共同研究を行なうほか、これまでに35の賞や栄誉を授与されている。『タイム』誌による「世界で最も影響力のある100人」の1人に選出され(2014年)、「医療におけるトップ50人」の1人にも選出されている(2018年)。

 

LIFESPANが明かす、「5つの衝撃ポイント」

第1部:私たちは何を知っているのか<過去>

  • 老化の唯一の原因ー原初のサバイバル回路
  • 弾き方を忘れたピアニスト
  • 万人を蝕む見えざる病気

第2部:私たちは何を学びつつあるのか<現在>

  • あなたの長寿遺伝子を今すぐ働かせる方法
  • 老化を治療する薬
  • 若く健康な未来への躍進
  • 医療におけるイノベーション

第3部:私たちははどこへ行くのか<未来>

  • 未来の世界はこうなる
  • 私たちが築くべき未来 

まずは、お気軽に初回面談をお申し込み下さい!

本格的なコンサルティングやコーチングを開始するか否か、お悩みの方は直接お会いして希望や相性を確認出来る、初回面談が有効です。ご検討したい方は、まずは「初回面談申込フォーム」からご連絡ください。