1月

 

 あけましておめでとうございます!!

 新しい年を迎えて、今年こそ新型コロナウイルスから解放された日常が戻りますようにと心から願います。

 

 日本のお正月は、長い歴史と独自の文化の中で育まれてきた素晴らしい

習慣だと、新年を迎える準備をしていて改めて感動しました。

 日常とかけ離れた料理や什器、部屋のしつらえ・・・床の間の軸を今年は「闢く」にし、”良い知らせ”を呼び込む「福鈴」も飾りました。

 お屠蘇を準備しながら何気なく読んだ包み紙に、正月に屠蘇を飲む習慣は嵯峨天皇の時代から始まったとあり、1000年以上続いているのだと継続の尊さを思い、母から学んだお節料理は例年よりも丁寧に作りました。

 

 海外からのグリーティング・カードには「2021年を生き延びることができました」のメッセージに、2022年の地球はどのような変化を遂げるのかを思いました。

 

 最近宇宙を旅した方の感想は「地球を大切にしたい。」心に響く一言です。地球を守るには、国家間の争いはご法度です。争いが地球を傷つけ、多くの難民を産み、貧困を招いています。また、過度な欲も同じように地球を傷つける原因を生み出しています。

 

 禅の言葉に「足るを知る」とありますが、必要なものはすでに自然から充分に与えられているので、その自然と一体感を持ちながら、古代から自然に寄り添う生き方をしてきた日本の先人たちの生活を今一度思い返して自然を守る大切さと知恵を世界中の友人と分ち合いたいと思いました。

 

 日本がもっと、もっとリーダーシップをとって、地球の平和を守るためには自国の歴史を知り、リーダーとしてのあるべき姿を明確にして、柔軟に周囲をまきこむことでしょう。

 

 今年も前進のための学びをご一緒に深めてまいりましょう!!

 

 

テクノロジーの進化は生き方の変化が求められます。

  

 

 変化に相応しい生き方・リーダーシップを発揮していますか? 

 

 これまでの経験や成功体験に捕らわれていませんか?

 

 いま変わらなければ危険であることを理解しながらも

 どうして良い戸惑っておられる方

 

 先が全く見えない方

 

 若い方や専門家に任せておけば何とかなると他者任せの方

 

あなたとあなたの組織のどこに問題があるかを瞬時に見出し解決策を助言・指導させていただきます。

 

 さまざまな情報が錯綜していますが、真実はシンプルです

 

 

事業や組織の弛まないイノベーションに!!

 

 * スピード・信念・実行力

 

 * コミュニケーション力

 

 * 世界と日本の歴史を知る

 

 「直観」力と先見性を磨く

 

    AIの活用

 

   * 自然との共生

 

 * 倫理観を持つ

 

 

 

 

各国の元首やビジネス界のリーダー、各種アーチストとの幅広い交流を持ち

(米)デール・カーネギーの元日本代表を歴任し、マスタートレイナーとして、多くのリーダーを指導してきた実績、日本の歴史と文化にふれる機会に恵まれて、いまリーダー専属のコーチ、コンサルタントとしてあなたを直接ご指導させていただきます。

 

 

 

★推薦図書

『開成をつくった男、佐野鼎 』

柳原 三佳 (著)

出版社  :  講談社

内容(アマゾン「BOOK」データベースより)

近代化へと大きく舵を切り始めた幕末、遣米・遣欧それぞれの使節団に加わり、世界一周を経て、「人の仕立て方」こそが国を創ると予見した男がいた。佐野鼎。これは、近代日本に新しい教育の礎を築き、後の世に数多の逸材を輩出することになる、一人の男の物語である。

 

著者 柳原 三佳について(同上)

1963年、京都市生まれ。ノンフィクション作家。交通事故、司法問題をテーマに執筆、講演を行う。主な著書に、『自動車保険の落とし穴』(朝日新書)、『家族のもとへ、あなたを帰す 東日本大震災犠牲者約1万9000名、歯科医師たちの身元究明』(WAVE出版)、『遺品 あなたを失った代わりに』(晶文社)などがある。また、児童向けノンフィクションに、『柴犬マイちゃんへの手紙』『泥だらけのカルテ』(講談社)がある。

 

 第100代目の岸田内閣総理大臣が誕生して、総理が開成の卒業生であることを知り、2018年に明治維新から150年の節目を記念して出版されたこの本との偶然の出会いと読後の感動を思い出して、佐野鼎の本を読み返しました。「教育こそが国をつくる」という信念を貫いて、激動の時代を生き抜いた佐野鼎。彼が幕末、遣米・遣欧それぞれの使節団に加わり、世界一周を経て、「人の仕立て方」こそが国を創ると予見した、激動の中で見たものや感じたことなど心の動きまでもが、残されていた資料や文献、関係者へのインタビューを通して再現しておられる、作家・柳原氏の高い洞察力と筆力に大感動しました。描かれた佐野鼎と作家が一体となって、日本国の理想の教育を誠実に形にすることをめざしたからに違いありません。100年を超えて「開成」に引き継がれている佐野鼎建学の精神に、あらためて感動し期待をしています。何度読んでも素晴らしい本です。 

 

まずは、お気軽に初回面談をお申し込み下さい!

本格的なコンサルティングやコーチングを開始するか否か、お悩みの方は直接お会いして希望や相性を確認出来る、初回面談が有効です。ご検討したい方は、まずは「初回面談申込フォーム」からご連絡ください。