9月

 

 猛暑の中ではじまったTOKYO 2020オリンピック・パラリンピックは終了しました。

 

 もう1年半以上も地球全体で続く新型コロナ・ウイルスの感染拡大は止まりません。最近は、免れられると思っていた子供達への感染も聞かれるようになり、胸が痛みます。

 

 あっという間に新型コロナ・ウイルスは拡散し、これまで経験したことのない脅威に晒されて様々な制約が発生し、日々の生活が一変しました。そこで、この状況を改善するために、リモートワークや新型コロナ・ウイルスワクチンなどの最新のテクノロジーで何とか対応しているのが現状です。

 

 近年のテクノロジーの進化は凄まじいと、ワクワクしながら、私自身が取り入れられるものにはチャレンジし、変化を実感していました。

 僅か30年前に一般にも活用が始まったコンピューター、そこから生まれたモバイルの大衆化、そしてAIや素粒子も日常生活に入るに至り、不老長寿、地球の再生も夢ではなく、私の手の中にあると思っていました。

 

 この1年半の社会の混乱を観ていて、人間社会は、ますます權力志向が強くなり、ほどほどを知らない拝金主義者たちは、実は他力本願だと気づかされました。

 

 最近の日本のリーダーと言われる人たちは、忙しいことを理由に、とにかく勉強をしていません。学習意欲と能力のない人たちは、年齢のいかんを問わず、責任のある立場についてはいけません。

 理由は、せっかくの最新テクノロジーを生かすことができていないからです。つまり現状、リーダーたちはテクノロジーの進化についていっていないので、実質的には問題解決に参加できていないのです。だから前に進むことができていないのです。

 流動的な変化に伴って考え、他者と議論を重ね、最善の方策を見出すことができないのです。しかも危機感もスピード感もありません。

 

 それが新型コロナ・ウイルスの撲滅を遅らせているのです。

 

 

 前進のための学びをご一緒に深めてまいりましょう!!

 

 

 

 

テクノロジーの進化は生き方の変化が求められています。

  

 

 変化に相応しい生き方・リーダーシップを発揮していますか? 

 

 これまでの経験や成功体験に捕らわれていませんか?

 

 いま変わらなければ危険であることを理解しながらも

 どうして良い戸惑っておられる方

 

 先が全く見えない方

 

 若い方や専門家に任せておけば何とかなると他者任せの方

 

あなたとあなたの組織のどこに問題があるかを瞬時に見出し解決策を助言・指導させていただきます。

 

 さまざまな情報が錯綜していますが、真実はシンプルです

 

 

事業や組織の弛まないイノベーションに!!

 

 * スピード・信念・実行力

 

 * コミュニケーション力

 

 * 世界と日本の歴史を知る

 

 「直観」力と先見性を磨く

 

    AIの活用

 

   * 自然との共生

 

 * 倫理観を持つ

 

 

 

 

各国の元首やビジネス界のリーダー、各種アーチストとの幅広い交流を持ち

(米)デール・カーネギーの元日本代表を歴任し、マスタートレイナーとして、多くのリーダーを指導してきた実績、日本の歴史と文化にふれる機会に恵まれ、いまリーダー専属のコーチ、コンサルタントとしてあなたを直接ご指導させていただきます。

 

 

 

★推薦図書

 『科学者はなぜ神を信じるのか』三田一郎著

コペルニクスからホーキングまで

株式会社講談社 ブルーバックス 

 

内容(アマゾン「BOOK」データベースより)

アインシュタインは熱烈な「宗教家」だった。カトリック教会は「ビッグバン」を歓迎した。「天地創造」をめぐる科学者たちの葛藤が現代の宇宙論を生み出した!

 

著者について(同上)

三田 一郎

1944年生まれ。1965年6月イリノイ大学工学部物理学科卒業。1969年6月プリンストン大学大学院博士課程修了、Ph.D.の学位を取得。コロンビア大学研究員、フェルミ国立加速器研究所研究員、ロックフェラー大学準教授などを経て、1992年より名古屋大学理学部教授、2006年4月より名古屋大学名誉教授、神奈川大学工学部教授。 2007年より東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構プログラムオフィサーを兼務。『B中間子系でのCP対称性の破れの理論』で1993年度井上学術賞、1997年度仁科記念賞、2002年度中日文化賞、2004年J・J・サクライ賞、2015年度折戸周治賞を受賞。2002年紫綬褒章受章。2017年秋の叙勲で瑞宝中綬章を受章。B中間子系でのCP対称性の破れの測定によって小林・益川模型の検証理論を展開。

 

 タイトルに惹かれて、Amazonに注文すべきか否かを決めるとき、読者のレビューを参考にすることがあります。この本の評価は高かったけれど、★一つの厳しい評価が目に止まり、その内容が私の心に突き刺さって注文しました。神を信じている科学者個人の言い訳と断じているレビューは具体的で説得力がありました。私の中にはなかった気づきを頭の中に置いて読み進めたことで、これまでとは違った気づきを得ることができ、大いに考えさせられました。

 終章で著者は、科学者は長年かけて基礎科学を学び、何でも自分で考えて理解しようとする姿勢を身につけています。自分の力で知りたいという誠心が、「科学者」の定義に含まれていると私は考えています。といいます。

 2016年の重力波の発見から僅か5年、人類は宇宙のはじまりを見る手段を手に入れました。

 宇宙の創造主は?宇宙には何か膨大な秘密が隠されているのか・・・考え疲れた私は最後に平安を祈りました。

 

  

 

まずは、お気軽に初回面談をお申し込み下さい!

本格的なコンサルティングやコーチングを開始するか否か、お悩みの方は直接お会いして希望や相性を確認出来る、初回面談が有効です。ご検討したい方は、まずは「初回面談申込フォーム」からご連絡ください。