書籍のご紹介

書籍執筆

一人で、いつでも、どこでも、簡単に、話し方が身につく、秘訣満載の一冊です!

 

アメリカで100年、日本で50年の実績が裏づける わかりやすく、説得力のあるノウハウ!


デール・カーネギー・トレーニング®元日本代表が一瞬にして聞き手の心をつかみ、人を動かす話し方のコツを、シンプルに伝えています。


世界80カ国以上の国々で展開されている「デール・カーネギー・トレーニング®」で12年間、代表を務めながら、自らもマスタートレーナーとして、2万人もの受講生を育んだ著者が、さまざまなシーンで求められるあなたのスピーチを、いつでも、どこでも、一人ででも挑戦できる、話し方の秘訣をお伝えします。「人前で堂々と話したい」と願っているあなたに、うってつけの一冊です。いますぐ挑戦しましょう!!

 

『人前で2分、堂々と話せる本』山本 悠紀子 (実業之日本社)

監修

カーネギー の心を動かす話し方

1912年、ニューヨークのYMCAでスタートした「話し方教室」は、瞬く間に評判になり、ビジネス・パースンや政治家の間で先を競って受講を希望する人たちに、カーネギー氏はご自身の信念を貫きました。
クラスでの体験談を本にまとめたのが原題 『The Quick And Easy Way To Effective Speaking』です。
どんなにすばらしスピーチをめざして準備をしても、聞く側に配慮をしなければ、聞き手の心には届かないことをカーネギー氏は知っていました。
良い結果を出すことを相手に期待するのであれば、聞き手に誤解を与えない、わかりやすい言葉で話すことをすすめています。またビジネスパースンや政治家には長話を戒めています。長い話は説得にはつながりにくく、むしろ話が散漫になって本題から離れてしまう傾向が高いからです。聞き手が集中して聞くことができる時間は短いので、短時間で伝わるように話すことをすすめています。
100年前に、すでにこのような意識で、話すことの基本をロジックなルールで明確化したことが、多くの共感と理解を得て、こんにちまで、広く世界中で受け入れられてきた要因です。普遍性の高い心を動かす話し方を提案しておられるのです。
ぜひ、ゆっくり時間をかけてご一読ください。行間からたくさんのメッセージが聞こえてきます。

  

『心を動かす話し方』山本 悠紀子 (ダイヤモンド社)

 

翻訳

リーダー座右の書
本のタイトル『リーダーになるために』にご注目ください。原題は『The Leader In You』
カーネギー氏亡き後を継いだミセス・カーネギーは、’60年代から海外にクラスを拡大し、同時にカーネギー氏の著書『人を動かす』、『道は開ける』は聖書についで、世界中の人たちに広く読まれていると話題になりました。人間関係の30のルールは宗教を超えた人類不滅のルールとして世界中で認知され採用されています。
’90年代に入ってアメリカは「情報スーパーハイウェイ」構想を始め、多くの産業政策を実施し、ベンチャーを育てる基盤を整備して情報通信分野における国際競争力を発展させました。
時代のニーズは『The Leader In You』です。デール・カーネギー・アソシエイツは、もしカーネギー氏が’90年代にご存命だったらと想定して編纂しました。
 
「リーダーはかくあるべし」のリーダー論ではなくて、あなたの中のリーダーを育み発揮するヒントが書かれています。本書と共にご自身のリーダーシップを育んでください

『リーダーになるために』山本 徳源 (創元社)

 

実戦的カーネギー・メソッド

大ベストセラー『How to Win Friends and Influence People』を生んだこの団体は、新しい顧客の見つけ方、注目の集め方、信頼の築き方、顧客の求めるものを与える方法、交渉、反対意見の扱い方など、セールスのノウハウについての一部始終を説明しています。

 

提案は、実践的なもので(たとえばプレゼンテーションの前にAV機器が動くことを確認しておく)から、心理的なもの(たとえばなにかを買うときの顧客の感情的な動機を理解する)まで幅広い。それらがあいまって、本書は初心者にとっては格好の入門書であると同時に、ベテランにとっては完璧な復習教材になっている。

 

また、同じ内容がそれぞれの国の言語で、世界中の店頭に並び、本を手にした読者は、同じスタイルの営業活動をする。その姿を想像すると楽しくなって来ませんか?まさにグローバル時代の営業本です。

 

 

『セールス・アドバンテージ』山本 望 (創元社)

 

パンポテンシア編

ご自身の壁を乗り越えるために

人にはいろいろな壁がある! 心の壁、能力の壁、人間関係の壁、これらの壁を突き破る、日本における D・カーネギー・トレーニングの真実。

意識の自立が遅れている人には生きにくい実力主義の時代、実力主義って何だろう。
人生や仕事の目的や目標を明確にして、どんな問題にも積極的に挑戦する行動様式を身につけたい。さまざまな壁を打ち破りたい。
自立心や行動がスムーズにできるようになるトレーニングの様子やクラスでのプログラムの内容をご紹介するなど、今後トレーニングでさまざまな壁を打ち破りたい人、必読の書です。

 

 

『D・カーネギー・トレーニング』パンポテンシア (創元社